首や顔のイボに効く市販の薬を3選!ドラッグストアの薬で首イボを取る

首イボの薬

首にプツプツとイボがある日突然現れて、ビックリする方は多いかと思います。

このイボは老人性イボと呼ばれるもので、顔や首に発症をすることが多いです。特徴としてはニキビのような見た目をしており、10個や20個など複数できることが多いです。

たくさんできることが非常に多く、放置をすることで首にイボが50個以上できてしまうなんてこともあります。

首イボは無害となるので治療をしなくとも特になにか害があるわけではありません。
しかし、見た目がよくありませんし、首元はひと目に触れやすく老けているように見えてしまうので、早めに取り除きたいと思うものです。

首や顔のイボを取る方法として人気なのがドラッグストアで市販されている薬を使った方法です。

 

ドラッグストアで市販されている3種類の薬

市販のイボ用の薬

薬局やマツモトキヨシなどのドラッグストアでイボ用の薬が販売されています。但し、注意としてはウイルス性イボの薬と間違えないようにしてください。

イボと言っても種類はたくさんあるのですが、首や顔にできることが多いのが老人性イボです。ウイルス感染が原因ではなく、肌の衰えによって発生をしているので、使う薬を間違えても効果がありません。

それどころか副作用があったりするので、必ず確認をするようにしてください。

  1. 大塚製薬のイボコロリ内服錠
  2. ヨクイニン錠(オルジェパールにリニューアル)
  3. クラシエのヨクイニンタブレット

上記の3つがドラッグストアに販売がされていることも多く、人気の市販の薬となっています。どれを使えば良いか分からないって人はどれかを選べば間違えないです。

イボコロリ内服錠(大塚製薬)

大塚製薬のイボコロリ

大塚製薬より販売されているのがイボコロリ内服錠です。

飲み薬となっているのですが、絆創膏タイプの薬に関しても販売がされています。類似製品でイボコロリ液体タイプがあるのですが、これはウイルス性イボ用の薬となっているので注意が必要です。

容量は180錠とたくさん入っているのですが、10日分の容量となっているので間違えないでください。また、10日でイボが取れるとは考えないようにした方が良いです。

1箱の値段はおよそ2000円となっていますので、1か月で6000円の費用がかかり、少し高めではあります。

しかし、その分配合されているヨクイニンエキスの凝縮量などは他の市販の薬に比べても非常に多く、人気があります。

新日本製薬のヨクイニン錠(オルジェパール)

新日本製薬のヨクイニン錠

ヨクイニン錠の名前で知られるのがオルジェパールです。

サプリのようなパウチタイプにリニューアルをした際に名前も変更がされました。実際にはサプリのような健康食品ではなく、第3類医薬品となっています。

こちらは180錠ですが、10日分の容量となっています。

以前にTVCMでも放送がされていたので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

クラシエのヨクイニンタブレット

クラシエのヨクイニンタブレット

クラシエより販売がされているのがヨクイニンタブレットです。

ヨクイニンタブレットはシリーズ化がされており、シミ・ニキビ・イボと3種類あります。間違えてイボ用ではないのを選ばないように注意をしてください。

7日分の126錠が入ったお試しタイプと30日分の506錠が入ったタイプと2種類が発売されています。お試しでは服用する期間が短く、正直な感想としては効果を実感できないのではないかと思います。

理由としてはターンオーバーの周期は早い人でも28日ほどかかると言われているからです。イボができているので肌が衰えていることが考えられるので、もっとかかると考えた方が良いです。

そのため、クラシエのヨクイニンタブレットを利用するのなら、30日分の容量が入ったのを利用するようにしましょう。

市販薬には副作用がある!安全に取りたいならイボ取りクリーム

顔イボ案内人

市販されている首イボや顔イボ用の薬の多くは副作用の報告がされています。

消化器に影響を及ぼすものから、肌へ影響を及ぼす副作用が報告されています。もしも、気になるって人であればイボ取りクリームを使った方法がおすすめです。

薬と同様にヨクイニンエキスが含まれた化粧品となっています。凝縮量は少なくなっていますが、その分を美容成分などで補っています。

ただ、イボ取りクリームと言っても肌に合わないなどがあれば、荒れるなどの副作用は当然のことながらあります。

薬を使うよりも安く購入をすることができ、効果があったと評判も高いです。個人的にはイボ取りクリームを使った方法がおすすめです。

参考サイト:http://顔イボ.com/

クリームと言っても種類は豊富にあります。上記の顔イボ案内人のようなクリームを使っているサイトを参考にして選ぶようにしましょう。高ければ効果が高いってことはないので、安くて良い物を探しましょう。

首イボは老人性イボ!ウイルス性イボの薬と間違えないように注意

イボの薬の解説をする医者

首イボを市販薬で治すと聞くと有名な薬でイボコロリを想像される方が多いです。

しかし、イボコロリは首などのやわらかい皮膚への使用はできませんので、首イボ治療でのイボコロリの使用は絶対にやめましょう。

ただ、あくまでそれはイボコロリ液体タイプの話となります。

液体タイプと比べあまり知名度がないのですが、首イボ用に作られたイボコロリ錠剤タイプと呼ばれるのがあります。

錠剤タイプにはヨクイニンと呼ばれる成分が配合されており、首イボのような角質が皮膚が残ったのが原因となっているのには効き目のある薬となります。

市販薬で本当に治るの?薬の効果でイボは取れる?

先ほどにも述べましたが首イボは古い角質が取れずに残ってしまうことでできます。

歳を取るにつれカラダのホルモンバランスも崩れやすくなることにより、ターンオーバー(新しい肌がつくられることにより古い角質が剥がれ落ちること)の周期が乱れることで角質が残るのが首イボの原因です。

20代のうちに首イボの悩みを抱える方は少数ですが年齢を重ね30代、40代と歳を取るに連れて、新陳代謝も衰え、肌の老化もあるので、できやすくなります。特に40代を過ぎると首イボができる人が急激に増加します。

首イボは残った角質なのですから必用となるのは角質を剥がす働きであるターンオーバーを促進させることです。

自宅で治療をしたいと考える人が多いのは化粧品や市販薬を利用することで、ターンオーバーを促進させる効果があるのと、首イボに効果的なヨクイニンが配合されているからなのです。

効果を感じている人は非常に多いのです。
ただ、ヨクイニンが配合された市販薬は一ヶ月分で6000円程度するものもあり、決して安いのではありません。

首イボには尿素ではなくヨクイニンクリーム!首のイボに効く成分や化粧品

ハトムギの成分

首イボに尿素が含まれたクリームや化粧水の効果があるのか紹介していきます。

足や手などにできるイボには尿素値の高いクリームをつけることによって殺菌効果があります。しかし、これはあくまでウイルス性イボの場合に限ります。

首や胸元にできやすく首イボや胸元イボなんて呼ばれるのはウイルス性ではありません。古い皮膚の細胞である角質が剥がれずに皮膚に残ってしまったのが固まってできたものとなります。

原因も違ければ病状も全く違うものとなるのですね。

首イボに尿素クリームの効果!ウイルス性ではなく老人性イボへの効き目

では、首イボにも尿素配合のクリームや化粧水などで効果があるのかというと関係がありません。スキンケアを行うことによって皮膚が本来持っているターンオーバーと呼ばれる古い皮膚を剥がす働きの効果があるので全く効果がない訳ではありません。

ただ、尿素に関しては無意味となります。

老人性イボなんて呼ばれるので分かりづらいのですが、正式名称では首イボはアクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維腫と呼ばれる肌トラブルとなり、ウイルス性のイボとは無関係となります。

首イボに効く成分がヨクイニン!イボ取り成分とも呼ばれることもある

首イボのような老人性イボに効果があるのは尿素ではなくヨクイニンとなります。

ヨクイニンはイボ取り名人なんて呼ばれるほど代表的な成分となっており、首イボ用クリームには必ずといって良いほど配合されている成分となります。

ハトムギから作られた成分となるのですが、ビタミンBを含む美肌効果のある成分で角質を剥がれやすくする効果があります。

病院で診察をしてもらった際に処方されるのに関してもヨクイニン錠と呼ばれる錠剤です。首イボといえばヨクイニンといって良いほど代表的な成分となります。イボといえば有名な市販薬がイボコロリです。

イボコロリには錠剤タイプと液体タイプと2種類あります。液体タイプがウイルス性イボに効果的な市販薬なのに対し、錠剤タイプは老人性イボに効果的な市販薬です。

液体タイプの注意事項にかかれているのが老人性イボにはつけてはいけないこと。
イボといっても全く別物となるので必用な成分も違ければ治し方も全く違うのですね。

首イボを取りたいなら尿素ではなくヨクイニンクリーム

ヨクイニンが配合された化粧品を使って首イボを治療するのが一般的です。

錠剤となっている市販薬もあるのですが、直接患部につける化粧品とは違い、内側からからだ全体の改善を行っていきます。しかし、配合されているヨクイニンをからだが全て吸収される訳でもなければ、からだ全体の改善となってしまうので、患部への効果は時間がかかってしまいます。

そのため、直接患部につける化粧品の方が効果を感じる人は多く、ヨクイニンが配合されているクリームを使って治療をする人が非常に多いです。

ウイルス性のイボとは違いスキンケアの問題となるので、きちんと肌のスキンケアを行いターンオーバーを促すことでイボを取ることができます。

 

首イボをハサミで自分で切るのに挑戦!副作用の危険や痛みは心配ない?

自宅にあるハサミ

首イボを自分で取りたいと考える人が真っ先に思い浮かぶのがハサミで切ることではないでしょうか?

少なくとも私はそうでした。

人によっては爪切りやピンセットを使うこともあります。カミソリを持ちいって切除しようとする人もいます。

痛いかも知れないとは誰もが考えることではないかと思います。しかし、実際に切ってみればわかるのですが、デメリットはそれだけではありません。

ただ、そんなことはわかっていてもやってしまおうと考える人はいるはずです。私も同じタイプの人間なのでわかります。

特に20代のような若い男女に多いのですが、絶対に止めた方が良いです。

では、首イボをハサミで切除したりするとどうなるのでしょうか?
その部分について知りたい方はご覧頂ければと思います。

首イボをハサミで切らない方が良い理由!痛みの部分について

ただでさえなれている医者が切ったとしても痛みを伴うことがあるのに爪きりなどで自分で切れば激痛となる可能性もあります。

刃の部分が少し曲がっているのできれいに切ることもできないのでちゅうと半端に切るか、皮膚ごと切らなければなりません。
想像するだけでも痛いのは分かると思います。

また、もともと爪には沢山の雑菌や細菌があるとっても汚い部分となるので、ばい菌が入ってしまいウイルス性のイボを引き起こす原因となるので絶対にやめましょう。

首イボの原因は角質の硬化!肌機能の乱れの影響

そもそも首イボはできやすいなどの遺伝や体質はあります。ただ、根本的な原因は紫外線・生活習慣・加齢によって肌機能が乱れてしまうことです。

肌のターンオーバーが乱れ角質が皮膚に残ってしまった固まりが首イボとなるのです。

そのため、爪きりや毛抜きで取り除いてしても意味がありません。肌機能は低下したままなので、また首にイボができてしまいます。

それどころか症状の悪化を招く可能性があります。

イボは皮膚と接合をしています。そのため、切ることで刺激を与えてしまっているので、肌の状況は悪化をしてしまい、数も増えやすくなってしまうこともあります。

皮膚科で切るのと自分で切るのも同じ!切ることで原因の解消はできていない

皮膚科での治療もハサミで切る方法があります。他には炭酸ガスレーザーや液体窒素で細胞を凍らせて死滅させてしまう方法となります。

ただ、当然のことながら自分で切るのと同様で、肌の改善ができている訳ではありません。そのため、再発をすることは多いです。

首イボは除去をすることでは問題の解決をすることはできないのですね。根本的な原因の解消の部分を忘れていれば、また悩まされることになるのです。

そのため、ハサミで切ることでリスクがあるにも関わらず、デメリットが大きいので少なくとも自分で切るのは止めましょう。

ハサミで切るのを実践したことによる結果!実際に自分でイボを切るとどうなる?

では、実際に自分で切るとどういう結果になるのでしょうか?

まず、切る時の痛みに悩まされることになります。そのため、切る部分が少なくなってしまうことがあります。ただ、それでは意味がないので少しづつ更に切っていくことになります。

結果的に肌を気づ付けてしまい、さらなる肌の悪化だけではなく、傷跡が残ることになります。この傷跡は深くまで傷ついてしまえば一生消えることはありません。

また、ハサミが消毒をしっかりとできていなければ、ウイルス感染をすることもあります。ウイルス性イボに発展をすることもあれば、別の病気に感染することもあります。

 

なんとか取れたはいい物の、1か月ほどたつと悲劇に見舞われることもあります。今までは数個だったイボが気づけばその倍になってる可能性もあります。

結局はハサミで首イボを自分で切ると何にも良い結果を生み出すことができないのですね。

首イボは自分で取る方法を実践する!

古い皮膚(角質)が上手く剥がれずに皮膚に残ってしまっているだけなので、皮膚の働きによって剥がしてしまえば良いだけです。

記事の最初のほうで首イボができる原因はスキンケアをしっかりと行えていないことと言いましたが、きちんとスキンケアができていれば自然と角質も剥がれ皮膚に残ってしまうなんてことはないのです。

皮膚は常に角質を垢などと一緒に剥がしているのですが、この働きが肌のコンディションが崩れたために正常に行われていないのが原因です。

スキンケアをすることで皮膚の角質が上手く剥がれるようになり自然と除去することができます。

ヨクイニンが配合されたクリームを利用する

イボ用のスキンケア化粧品が販売されています。

他の化粧品と違うことはヨクイニンと呼ばれるハトムギから作られる成分が配合されていることです。ヨクイニンには首イボが取れやすくする働きがある成分でイボ取り名人とも呼ばれたりする有名な成分です。

高い化粧品も販売がされていますが、7000円ぐらいするような高額な化粧品を利用しなければいけない訳ではありません。安くて評判のクリームが3000円程度で販売されていたりもします。

自宅で首イボの除去をしたいのならヨクイニンが配合された専用のスキンケア化粧品を使うようにしましょう。